不動産で収入を得るために|話題のシェアハウスを経営する術|最先端を行け

話題のシェアハウスを経営する術|最先端を行け

女の人

不動産で収入を得るために

貯金箱

安定した不動産経営をする

銀行にお金を預けても対して利息が使い今、不動産を賃貸で貸し出して家賃収入を得ることで、将来に備えようという人が増えています。ただ不動産賃貸には空き室リスクがあるので、安定した収入が得られないと悩むオーナーは少なくありません。その悩みを解決するということで、サブリースは人気なのですが、そもそもサブリースというのは、業者が物件を一括借り上げするという方法です。つまり、普通の賃貸であれば、仲介業者が入居者を見つけてこなければ家賃収入がないわけですが、借り上げ会社に借り上げてもらうと、空き室があったとしても一定の金額が家賃収入として入ってくるので、大幅な収入減を恐れる必要はないのです。サブリースの契約期間は長ければ30年という長期間の契約が可能ですから、働き盛りのオーナーが、老後も安定して収入を得ることが出来る、という点で魅力を感じるのです。

借り上げ会社を変える

サブリースを利用するうえで、長期の契約が出来ることが魅力ではありますが、時間が経過すれば不満を感じることも出てきます。そのようなときには、借り上げ会社を変更することも検討してみることです。大切な不動産を任せるというのは、ただ単に金銭のやり取り以上のものがありますから、契約期間でもより良い対応をしてくれる借り上げ会社に変えてはならない理由にはなりません。ある程度の能力を持っている借り上げ会社であれば、契約期間が残っている場合でも、サブリース契約を引き受けてくれるので安心です。もちろん、その際には入居者にも十分な説明をしなければいけないわけですが、これまでの管理体制や家賃などを踏まえて、納得してもらえるように新しい借り上げ会社が手助けをしてくれるので心配はいりません。