投資で利益を得る方法|話題のシェアハウスを経営する術|最先端を行け

話題のシェアハウスを経営する術|最先端を行け

女の人

投資で利益を得る方法

集合住宅

売買益と家賃収入

マンション投資は主に2つのパターンで利益を出すことができます。1つは資産価値が上がったときを見越して売りぬく売買益ですが、一般的に投資したマンションが値上がりするのは、特定の条件があったときなので初心者には難しいとされています。もう1つは購入したマンションを貸し出す方法で家賃収入を得るわけです。入居者が入れば毎月の家賃で安定的な収入となります。そこで重要となってくるのが、「どうやって入居者を見つけるか」です。投資者本人が募集を出して入居者を探すのは大変です。そのため、管理会社を利用するのが一般的となり、投資者に代行して入居者を募集してくれます。マンション投資ではこの管理会社の存在が不可欠と言っても過言ではありません。

節税という利益

またマンション投資では、収入とは別に利益を得る方法があります。それは節税です。正確には利益というよりも出費を抑える方法と言った方が正しいのかもしれません。その節税の仕組みはまず多くの投資家はローンを組んでマンション投資していることにあります。この場合、金利相当額を経費として計上することができ、その分だけ所得金額を減らすことができるわけです。そのため敢えてローンを組んで投資する人もいるほどです。この節税は、相続税でも対応することができるため、高齢者も利用していることが少なくありません。このように、マンション投資は売買益・家賃収入とは別に節税で利益を得ることが出来るわけで、多くの人々が利用しています。